未加入の方へ

教職員組合へ未加入の方へ -いろいろな疑問にお答えします-

よくあるお問い合わせ

いろいろな疑問にお答えします

よくあるお問合わせについてQ&A形式でご覧いただけます。

組合について詳しく説明して、あなたの「?」にきちんとお答えします。


Q.どんな人が入っているの?

A.県内の公立小中学校・特別支援学校の教職員、臨時採用教職員の方が加入しています

県内の公立小中学校と、特別支援学校の教職員の過半数を超える、約3,000人が加入しています。また、08年度から臨時採用教職員の方も加入できるようになりました

Q.公的に認められている団体なの?

A.地公法第52条で認められた県人委員会登録の職員団体(労働組合)です

県教組は、地公法第52条で認められた県人事委員会登録の職員団体(労働組合)です。約70年の歴史をもち、教職員の代表として、厚生会や共済組合、各種委員会など多くの公的機関の役職も担っています。

Q.どんなことをしているの?

A.教育環境・職場環境をよくするために、県や市町村教育委員会と交渉などを行っています。

県教委交渉
県教委交渉の様子

教育環境・職場環境をよくするために、県本部・支部・地区ごとに組合執行部を組織し、県や市町村教育委員会に要望事項を申し入れて交渉をしています。県P連や小教研・中教研にも申し入れを行っています。
また、官制ではない組合ならではの教育研究集会を開催しています。


Q.子どもたちのためになっているの?

A.小学校1・2年生の35人以下学級をはじめとする様々な取組を行ってきました

代表的な例は小学校1・2年の35人以下学級です。中1でも選択実施ができるようになりました。これは、県教組が県教委交渉で訴え続けてきたものです。
また、08年度から6〜7学級の小学校へ無担任が配置されるよう配置基準が改められました。(担任教務の解消ができる!)
組合加入率ほぼ100%の福井県では中学校1年で30人以下学級が実現しています。


Q.旧富山市の学校で組合に入っている人が少ないのはなぜ?

A.過去の事例によるものです

40年以上も前になりますが、管理職の不当な圧力によって富山市(当時)の組合員の多くが県教組からの脱退を余儀なくされた歴史があります。それ以来、旧富山市では未加入者の比率が大きくなってきました。中核市として教職員の研修など独自色を強めている現在の富山市は、県に対して教職員の人事権委譲を求めています。これからは富山市の教職員が団結し、市当局と交渉しなければなりません。よく言われますが、数は力です。
未加入者のみなさん、「自分たちのことは自分たちの手で」を合言葉に、組合に集い、いっしょにがんばりましょう!

Q.組合員でなくても権利は同じように行使できるのに、加入する必要があるの?

A.よりよい勤務条件・教育環境を作っていくために、組合に加入し運動することが必要です。

人事委員会交渉
人事委員会交渉の様子

年休はもちろん、出産・育児・介護・病気などの休暇制度は、どれも先輩組合員が次の世代のために勝ち取ってくれた贈りものです。たしかに組合員でなくても権利は行使できますが、これは組合費を払っている組合員のおかげです。組合員が支えているのです。
教職に携わるものとして、よりよい勤務条件・教育環境を作っていくためには、組合に加入して運動することが必要なのです。


Q.組合の力で給料をアップできるの?

A.月例給・一時金アップをはじめ、小学校部活動手当の拡充等を実現してきました。

これまでの給与アップ実績
  • 1%給与一律カット終了(11年3月)
  • 教員特殊業務手当(宿泊学習、部活動など)の倍増(09年1月~)
  • 小学校部活動手当の拡充 2時間以上1,200円に(11年4月)
  • 小学校部活動手当の拡充 2時間以上1,500円に(15年1月)
  • 小学校部活動手当の拡充 4時間以上3,000円に(15年1月)
  • 2014年度は、7年ぶりに月例給・一時金アップ など

他にも、6年次研と11年次研受講者を対象にした研修昇給制度の導入や、昇給抑制措置の緩和によって、若年層の生涯賃金を引き上げています。
労働に見合う賃金を求め、生活を守るのは当然の権利です。組合員の数が多ければ多いほど、交渉の力も大きくなります。
県当局との賃金交渉は職員団体(労働組合)にしかできません。

Q.組合に加入すると、異動や昇進に不利じゃない?組合員としてメリットはあるの?

A.教職員の組合運動は地方公務員法で保護されており、組合員は勤務条件にかかわる申し入れ等を行う事もできます。

県組は組合員を支えるために

  • 悩みやトラブルの相談に乗ります
  • 最新の教育事情を学習会で深めます
  • 全国の仲間との交流ができます
  • あなたの声が交渉に反映します

教職員の組合運動は地方公務員法で保護されています。
組合員であれば、遠距離通勤の解消など勤務条件にかかわる申し入れも行うことができます。
昇進にも全く影響しません。組合員だった管理職や教育委員会勤務の方の割合は、全く変わりません。逆に組合の役割を理解されている管理職がいる分会では、元気が出る職場になっています。

Q.日教組って、なんだかこわい…。富山県教職員組合もその仲間なんでしょ?

A.組合員は、みな地元の教育を支えている良識ある教職員です。

日本教職員組合(日教組)とは、富山県教組など全国の教職員組合が集まって構成する組織の連合体です。参加・提言・改革を基本方針として文部科学省など国レベルでの交渉を行っています。
右翼の街宣行動や一部メディアの偏った報道によって誤解されている方がいますが、日教組は力ずくの抵抗で学校現場を混乱させるような運動を行ってはいませんし、支持もしていません。
組合員は、みな地元の教育を支えている良識ある教職員です。

富山県教職員組合への加入方法

1:加入申込書に必要事項を記入

組合加入申込書を用意して、必要事項を記入します。

※同じ職場の組合員や、地区の役員が申込書を持っています。下記リンクからもダウンロードできます。

2:加入申込書をFAX

職場で「分会長」または「代議員」をしている先生に組合加入申込書を渡し、富山県教職員組合にFAXをしてもらいます。

※組合員がいない場合は、自分でFAXをしてください。(FAX:076-441-3910)

3:申し込み完了!

担当執行委員が、分会(学校)に訪問し、加入者用グッズ(リーフレットや粗品)を届けます。その際、事前にFAXした組合加入申込書の原本を、執行委員に渡してください。


組合員になったら、こんな利点があります!

毎月 情報紙が届きます

毎月、情報紙が届きます。「教育」をめぐる動きがよく分かります。

困ったこと・分からない制度について組合に相談する事ができます

「パワハラを受けている人がいる」「よく分からない制度について教えてほしい」など、困ったことがあれば、いつでも組合の執行委員が相談にのります。必要があれば、組合を通して教育委員会に改善を求めることができます。

相談しあえる仲間ができます

組合の会合に参加することで、他校や他市町村の先生方と情報交換をしたり、一緒に活動したりすることができます。日頃の悩みを共有するなど、相談し合える仲間ができます。

詳しいことが知りたい方は、富山県教職員組合までお問合せください。(TEL:076-441-4451)

組合のしくみや活動・行事について知りたい方はこちらから

組合のしくみ(組織紹介)

「支部」や「分会」など、富山県教職員組合の組織についてご覧いただけます。

くわしくはこちらから≫

活動紹介

富山県教職員組合の活動についてご覧いただけます。


くわしくはこちらから≫

活動の成果

富山県教職員組合がこれまでに行ってきた活動の成果をご覧いただけます。

くわしくはこちらから≫

年間行事

富山県教職員組合の年間行事についてご覧いただけます。


くわしくはこちらから≫


富山県教職員組合(富山県教組)

教育会館外観
教育会館外観(クリックで組合紹介ページに移動します)

 1947(昭和22)年に結成された、富山県の小・中学校と特別支援学校の教職員が加入する富山県で1番大きな教職員組合です。
 子どもたちのために、教職員のよりよい労働環境のために活動しています。

くわしくはこちらから≫

〒930-0018 富山県富山市千歳町1-2-7
TEL:076-441-4451
FAX:076-441-3910

アクセスはこちらから≫

お問合わせフォームはこちらから≫

※メールアドレスは掲載しておりませんので、ネットを通じて連絡されるかたは、お問合せフォームをご利用ください。