組合紹介

富山県教職員組合の紹介

富山県教職員組合について

1947(昭和22)年に結成し、県内の小・中学校と特別支援学校の教職員が加入する、富山県で1番大きな教職員組合です。子どもたちのために、教職員のよりよい労働環境のために活動しています。

組合のしくみ(組織紹介)

「支部」や「分会」など、富山県教職員組合の組織についてご覧いただけます。

くわしくはこちらから≫

活動紹介

富山県教職員組合の活動についてご覧いただけます。


くわしくはこちらから≫

活動の成果

富山県教職員組合がこれまでに行ってきた活動の成果をご覧いただけます。

くわしくはこちらから≫

年間行事

富山県教職員組合の年間行事についてご覧いただけます。


くわしくはこちらから≫


よくある問合せ

教職員組合へ未加入の方へ

いろいろな疑問にお答えします

よくあるお問合わせについてQ&A形式でご覧いただけます。

組合について詳しく説明して、あなたの「?」にきちんとお答えします。


委員長からのあいさつ

執行委員長 佐幸 明
       執行委員長 佐幸 明

学校現場で働くすべての教職員のみなさん、子どもたちや保護者・地域の願いに応え、教育実践、研修、校務等、日々精一杯がんばっておられることに敬意を表します。

 

教育をめぐる状況は、めまぐるしく変化し厳しさは増すばかりです。そのような中で、いろいろな問題や課題が目の前に立ちはだかり押しつぶされそうに感じたり、職場の人間関係に独りで悩んだりしていませんか。


富山県教職員組合は、県内約300の小学校・中学校・特別支援学校で働く教職員約3,200人が加入している職員団体です。教育に携わる仲間として、つながりを大切にし、お互いを支え合い、そして、「よりよい教育」「安心してがんばれる生活」「平和な社会」をめざした取り組みをすすめています。

 

わたしたちがめざす学校の姿は、互いを尊重しながら同僚性を発揮し、明るく、元気に仕事ができる学校です。60年を越える県教組活動で、先輩たちは幾多の苦労を重ね働きやすい職場づくりや「一人ひとりの子どもにゆきとどいた教育」をめざして教育実践を積み重ね大きな成果をあげてきました。これからは、その活動をわたしたちがしっかりと引継ぎ、そして、次代を担う若年教職員や教職志望者へとつなげていかなければいけません。

 

ひとりでは、小さな力でも、教職員全員がひとつになれば、大きな力となります。うれしいことも、苦しいことも、一人で抱え込まず、ともに喜び、考え、新たな前進を求めて行動していきましょう。

 

あなたにとって、そしてすべての教職員にとって、県教組はなくてはならない存在です。同時に県教組にとってもみなさん一人ひとりがかけがえのない存在です。

県教組はあなたを支え守ります。一緒にがんばりましょう。


富山県教職員組合(富山県教組)

教育会館外観
教育会館外観(クリックで組合紹介ページに移動します)

 1947(昭和22)年に結成された、富山県の小・中学校と特別支援学校の教職員が加入する富山県で1番大きな教職員組合です。
 子どもたちのために、教職員のよりよい労働環境のために活動しています。

くわしくはこちらから≫

〒930-0018 富山県富山市千歳町1-2-7
TEL:076-441-4451
FAX:076-441-3910

アクセスはこちらから≫

お問合わせフォームはこちらから≫

※メールアドレスは掲載しておりませんので、ネットを通じて連絡されるかたは、お問合せフォームをご利用ください。