能登半島地震 氷見市災害ボランティアに参加しました

富山県教職員組合では、能登半島地震で被害のあった氷見市への災害復旧・復興に協力をするため、「氷見市災害ボランティア・支えあいセンター」にボランティアの団体登録を行いました。

2月4日(日)、本部から2人が氷見市災害ボランティアに参加しました。

 

氷見市でのボランティアは住民からの依頼を受けて行っています。

当日に集まったボランティアスタッフが班に分かれてそれぞれの依頼を引き受けます。

本部から参加した2人は、液状化により砂がつまった側溝から砂を排出したり、倒れて壊れた民家の灯篭を搬出したりしました。

他の班では、民家の家財道具の搬出を行ったところもありました。

支え合い、助け合いの理念のもと、今後も災害支援を続けていきたいと思います。

 

災害ボランティアへの活動予約は組合員限定ページから(※活動予約ができるのは富山県教職員組合の組合員のみです)

 

 

富山県教職員組合(富山県教組)

〒930-0018 富山県富山市千歳町1-2-7
TEL:076-441-4451
FAX:076-441-3910

お問合わせフォームはこちらから≫

※メールアドレスは掲載しておりませんので、ネットを通じて連絡されるかたは、お問合せフォームをご利用ください。

教育会館外観
教育会館外観(クリックで組合紹介ページに移動します)

 1947(昭和22)年に結成された、富山県の小・中学校と特別支援学校の教職員が加入する富山県で1番大きな教職員組合です。
 子どもたちのために、教職員のよりよい労働環境のために活動しています。

くわしくはこちらから≫